占いを受けようと考えたとき「果たしてあれは役に立つのだろうか」と考えることはありませんか。茶飲み話に使うぐらいならばまだしも、自分の人生が将来どのように動いていくのかを知りたいと言うときに適当なアドバイスなど聞いたところで役に立ちません。

そもそも占いはどうして生まれたのでしょうか。それは人がわからないことを予想するために生まれたのです。昔は気象衛星などありませんでしたから、天気は占いによってどうなるかを予想していました。

天気というのは農耕民族にとってみたら命に関わることであるため、占いに対して非常に関心が寄せられその分高確率での予想が求められていました。

占い師が祈りを捧げているイメージのイラスト

今では人の将来を占うことが主流になった占いですが、それでも精度は十分保たれてきていると行っても良いでしょう。また、最近では電話占いのように個人でいつでも占い師の先生からアドバイスをいただくことが可能になった時代です。

どこか遠くのよく当たる先生の元を訪れる必要は無くなり、現実的なアドバイスをもらいたいと言うときでも電話を一本かけるだけですぐに有益なアドバイスを手に入れることが出来るのです。

ちょっとしたお話に使う程度のレベルではなく、仕事や恋愛をはじめとした人生の中でとても大切なことにまで影響を及ぼしかねないのです。

心の中でずっと抱えていた悩みをはき出すことが出来、それに対しての現実的なアドバイスをもらえるというのも電話占いの特徴ですね。

夫や家族にはいえない、こんな悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。アドバイスをもらえるような相手がいないと言うときも同様です。

占い師は社会の表と裏をよく知っていますから、誰にも相談できないことでも解決できるかもしれません。